新しいガン治療です|糖尿病の症状を押さえるには|現代人を襲う病
病棟

糖尿病の症状を押さえるには|現代人を襲う病

新しいガン治療です

病院

誰にでも備わっているもの

ガン治療として、外科手術、抗ガン剤投与、放射線照射が主な治療法とされています。そして、今回ご紹介する免疫療法が、近年多くの方に対して用いられる治療法となっています。免疫とは、わたしたちの体に本来備わっている、体にとって異物であると判断されるものを排除しようとする働きです。代表的なものは、花粉症が挙げられます。花粉症は、体内に入ってきた花粉を、免疫の働きによって体外に排除しようとする動きです。それが、クシャミや鼻水となるのです。ガン治療に用いられる免疫療法は、体外の異物であるガン細胞を、免疫の働きによって排除する治療法です。免疫は、本来備わっている機能ですので、免疫療法による副作用の心配はほとんどなく、安全な治療法と言えます。

効果を見てみましょう

免疫療法は、ほかの治療法と併用して用いていくことが基本となります。それは、体への負担が少ないために、ほかの治療法と併用しても安全であるためです。また、通常のガン細胞に対して免疫療法のみで対処するのは難しいので、例えば外科手術後の再発や転移の予防など、ガン細胞が無くなったかほとんど働きを停止している状態で使用します。これにより、再発や転移の予防効果を期待する使用方法も多く採用されています。また、免疫が高まることで、風邪をひきにくくなるなど、間接的な健康の維持にも効果を発揮します。ガン治療中の風邪は非常に危険ですので、まさに、ガン治療を全体的にサポートしてくれる画期的な治療法であると言えるのです。