女性に多い病気|糖尿病の症状を押さえるには|現代人を襲う病
病棟

糖尿病の症状を押さえるには|現代人を襲う病

女性に多い病気

カウンセリング

症状と原因

日本にはおよそ50万人のリウマチ患者がいると言われており、総人口の約0、4パーセントに当たります。世田谷区にはおよそ90万人の住民がいるので世田谷区民では約3.5万人のリウマチ患者がいると推定されます。リウマチとは一体どのような病気なのでしょうか。関節が炎症を起こし、軟骨や骨が破壊されることで機能が壊れ、関節が変形する病気がリウマチです。手足の関節に起こりやすく、激しい痛みを伴い、動かさなくても痛むのが特徴です。何らかの原因で免疫異常が起こり、自分の組織を攻撃することで腫れや痛みが表れます。リウマチ患者の8割は女性で細菌やウイルス感染や過労やストレス、遺伝などがきっかけで発症することがあります。

発生のサイン

リウマチの症状は徐々に起きてくるのでそのサインを見過ごさないことが大切です。その症状は朝起きてから30分位に出やすくなっています。朝に手のこわばりや動かしづらい症状などが起きたら注意して下さい。具体的には着替えの時にボタンが外しにくい、歯ブラシを持ちにくいことがあります。またリモコンが押しづらい、お箸がうまく動かせないなどの違和感があれば病院に行くことをお勧めします。世田谷区にはリウマチ専門の病院が沢山ありますので探して行かれると良いでしょう。リウマチは発症して一年以内に急速に関節破壊が起こるので早期発見・早期治療が大切です。診断には診察や血液検査を行いリウマチと診断されたら投薬での治療を行います。世田谷区には股関節に特化した診療を行う病院もあります。